銅は、私たちの暮らしを支える様々な分野で大きな役割を果たしています。日本伸銅協会は伸銅工業全般の進歩発展に貢献しています。

学会概要

日本銅学会の概要(旧称:銅及び銅合金技術研究会)

設立

伸銅品に関する科学技術の進歩向上を図り、伸銅工業の健全な発展に寄与することを目的に、1961年(昭和36年)9月20日に伸銅技術研究会が設立されました。

当初、産学協力の下に設立されておりますが、活動は一般社団法人日本伸銅協会を主スポンサーとして行われてきた関係上、業界主体の運営になっておりました。本会活動の更なる活性化をめざして、平成13年度に産学共同運営体制を明確にした新組織に移行、名称も判り易く銅及び銅合金技術研究会としました。

また、同時に研究助成制度を立ち上げ、学界研究者の支援を開始し現在も継続しています。その結果、講演大会での学界発表件数も増加し、研究会誌「銅と銅合金」の内容も充実してまいりました。

平成23年度の第51回講演大会を記念して、日本銅学会(英文名:Japan Institute of Copper)と改称することとしました。

所在地

事務局
(日本伸銅協会技術部)
〒110−0005 東京都台東区上野1-10-10 うさぎやビル5階
電話:03(3836)8801、FAX:03(3836)8808
地図

役員

会長
堀  和雅  (三菱伸銅株式会社 取締役社長)
会長代行副会長
里  達雄  (東京工業大学 名誉教授)
副会長
金子  明  (株式会社神戸製鋼所 代表取締役副社長)
吉田 一也  (東海大学 副学長・教授)
専務理事
亀井 隆徳

事業内容

銅及び銅合金に関する科学技術の進歩向上を図り、もって銅及び銅合金材料・技術並びに伸銅工業の健全な発展に寄与することを目的として、次のような事業を行なっています。

  1. 銅学会講演大会、見学会等の開催
  2. 研究及び調査の実施
  3. 日本銅学会誌他資料の発刊
  4. 研究の奨励及び研究業績の表彰
  5. 関連他団体との連携及び協力
  6. 国際的な研究協力の推進
  7. その他本会の目的達成に必要な事業  等

会員

会員数:約600名(2017年3月現在)

また、新たに会員募集システムを設定します。

PAGETOP
Copyright © Japan Copper and Brass Association All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.