銅は、私たちの暮らしを支える様々な分野で大きな役割を果たしています。日本伸銅協会は伸銅工業全般の進歩発展に貢献しています。

協会概要

日本伸銅協会の概要

設立

日本伸銅協会は、国内非鉄金属伸銅業のメーカーの工業会として、会員相互の連絡と協調の下に、伸銅工業全般の進歩発展を図ることを目的に、1948年4月1日に設立されました。  会員数は、現在(2020年4 月時点)41社、賛助会員13社で構成されています。  日常の活動は、各種の委員会活動を中心に、伸銅工業に関する各種統計の収集並びに分析、伸銅品の長短期の需要見通しの策定、原料動向調査、労働災害撲滅運動の推進、環境の保全、資源・エネルギーの合理化推進、伸銅品に関するJIS・ISO規格の制定と改正、物流の合理化効率化、その他の課題を追究しています。  また、大学等の研究機関とは、日本銅学会を通じて連携を図っています。

所在地

〒110−0005 東京都台東区上野1-10-10 うさぎやビル5階
電話
 総務部 (企画・広報・安全・物流資材委員事務局担当)03(3836)8801 
 調査部 (統計調査委員会・JWCC事務局担当)03(6803)0570
 技術部 (技術委員会・日本銅学会事務局担当)03(6803)0587 
 開発企画部(新規技術等 事務局担当)03(6803)0845         
FAX 
 各部共通    03(3836)8808   
地図
営業時間 ※  平日  9:00~17:30(12:00~13:00は昼休み)
※新型コロナ感染拡大予防の為、テレワークとの複合勤務体制により不在の場合があります。

役員

会長
石田 徳和  (三菱マテリアル株式会社 執行役員 高機能製品カンパニー バイスプレジデント 兼 銅加工事業本部長)
副会長
百野  修  (JX金属株式会社 取締役 常務執行役員 機能材料事業部長)
         釣谷 宏行 (サンエツ金属株式会社 代表取締役社長)
         山城 健一 (株式会社ヤマキン 代表取締役社長)
専務理事
         亀井  隆徳

事業内容

会員相互の連絡協調の下に、伸銅工業全般の進歩発展を図ることを目的として、各種委員会活動を中心に、次のような事業を行なっています。

  1. 伸銅品の生産・出荷・在庫等各種関連統計の収集並びに分析
  2. 伸銅品の短、中、長期需要見通しの策定
  3. 原料動向調査の実施
  4. 伸銅工業の経営分析
  5. 労働災害撲滅運動の推進
  6. 伸銅品関係JIS・ISO規格の見直し・改正・制定作業
  7. 銅及び銅合金技術研究会講演会並びに基礎技術講座の開催
  8. 環境保全・省エネ対策の推進
  9. 物流の合理化・効率化の推進
  10. 国際化への推進等

伸銅品パンフレット

 

PAGETOP
Copyright © Japan Copper and Brass Association All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.